未経験は志望動機が重要

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

興味を持った内容を整理する

転職となると「なぜ転職をしたいのか」を尋ねられることは、明確です。特に未経験の職種となると、企業側としても志望動機が気になります。そこで、やっておくべきことがあります。自分がなぜこの仕事に興味を持ったのかを明確にしておくことです。志望動機の中に「一生懸命頑張ります」など、とにかく熱意があることを主に伝えてしまう場合があります。熱意や意欲は、大切な自己アピールポイントです。しかし具体性がなく、志望動機としては明確とは言えないのです。志望動機を伝える時の注意点を業界、職種、企業の3項目から見ていきましょう。
社会には、様々な業界があり、その中で、さらにいろいろな職種があります。まずは、業界や職種に対して持った興味の内容を整理します。「金融業界」「サービス業界」「IT業界」などの数ある業界の中から、なぜ自分はその業界に興味を持ったのか、具体的なエピソードを添えながら志望動機をまとめると、より説得力が生まれます。そして、職種も同様です。「営業職」「技術職」「専門職」など、どのような仕事に興味があるのか、なぜその職種に就きたいのか、自分の職務経験などを交えながらまとめることも大切です。
さらに、重要なことは企業側に対しての興味です。転職先として「なぜ貴社を選んだのか」「貴社のどんな所に興味を持ったのか」ということを伝えましょう。企業の理念や経営基盤、そして将来性も視野に入れて、「他社でなく、貴社に入社したいのです」という思いを、自分の興味や関心を整理して、しっかりと志望動機としてアピールしましょう。

興味を持った内容を整理する

未経験だからこそ現実味のあるアピールを

経験で培ったスキルや知識は、最大の武器になります。同じような仕事に再就職する時は、誰もが声高にアピールできます。転職する仕事が未経験の場合、自分が経験し培ったスキルや知識を、最大のアピールポイントにはできないので、何が武器となるのか分からなくなります。その時の注意点は、今後必要となる知識などを準備していることを伝えることです。
新たな仕事に必要な資格を取得する意思があること、すでに勉強を始めていてどの程度まで進んでいるのかを遠慮せず積極的に伝えましょう。未経験を補うだけの準備があることをアピールするのです。入社後、将来希望する職種に就くことができたら、自らの目標を達成するためにどのようなステップで活躍と貢献をするかというビジョンを、具体的に計画を立てておきましょう。面接に受かれば良いという表面上の動機ではなく、就職先での自分の働き方を明確に見据えた行動をし、志望動機をより現実味のある強いものにするのです。
入社後の未来やそのための行動が伴っているのかをはっきり企業に示すことができれば、転職に対する「本気度」を伝えることになり、働く意欲を証明する武器になります。

転職を成功させたい方はチェック!

ブラック企業を避けるためにブラック企業を避けるために

転職をしようと思ったら、まずは求人検索から始めるかと思います。その際に注意しておくことがいくつかあります。求職者に対して、甘い誘惑をかけてくるブラック企業です。このブラック企業を見分ける方法を知って、より良い転職をしましょう。

転職を決意したあなたへ

転職を決意したあなたへ

未経験の業界への転職を考えた時、大きな期待と不安を持ちます。転職を成功させるためにも、期待は明確な動機へ、不安は安心へ変えていきましょう。そのために必要な転職時に注意することなどを詳しくお伝えしていきます。未経験の業界へ転職して頑張っていく決意をされた方々の参考になるような情報を紹介します。【お問い合わせ先】