未経験の転職活動は計画性が大事!まずはじめにすべきこととは?

未経験の転職活動は計画性がカギ

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

はじめに転職活動の流れをつかむ!

転職期間の目安は2ヶ月~半年くらいが一般的。長期的になることもあるので、はじめに「いつ頃までに求職活動を終わらせたいのか」といったスケジュールの目安を立てることが重要です。 計画を立てる際は以下を参考にしてください。

【転職の流れ】
・〇月〇日  転職を決意
・〇月~〇月 情報収集や自己分析を行い応募企業を選定する
・〇月~〇月 履歴書や職務経歴書を作成する
・〇月~〇月 採用面接を受ける
・〇月~〇月 内定が出たら内定手続きを行う
・〇月~〇月 退職の1ヶ月前(就業規則による)に直属の上司へ退職の旨を伝える
・〇月~〇月 退職手続きや業務の引き継ぎ、取引先などへのあいさつを済ませる
・〇月〇日  退職日
・〇月〇日  入社日
上記のスケジュールはあくまで在職中に転職をするケース。仕事が原因で体調を崩している、精神面の限界を感じているなど、すぐに会社を辞めた方が良いパターンもあるので気をつけてください。

未経験の転職活動は計画性がカギ

今の自分の状況を洗い出す

業界内での転職とは異なり、未経験業界の場合は、これまでの業務経験が転職先で直接活かせないことがあります。一からの挑戦になることもあるので、自分の今の状況をできるだけ把握しておくことが大切です。

【転職前のチェックポイント】
・現在の主な業務内容
・具体的な実績や役職
・得意なことや強み
・身についたスキル
・今の仕事における課題や不満、問題点
・転職で実現したいこと
上記のほか、気づいたことはメモしておくのがおすすめ。些細な内容が、応募書類の作成や面接で役立つかもしれませんよ。

応募企業を選定する

自分の状況が分かったら、いよいよ応募企業を選定します。 受ける企業の数は、多ければ多いほど良いという訳ではありません。業界や企業についてしっかりと情報収集を行い、企業のニーズと自分の能力がマッチしているかどうかを重視するのがポイントです。 また、なぜその業界や企業を受けたいのか、入社後に自分のどのような点を活かして働けそうかといった点もはっきりさせておきましょう。 1人では答えが出せない、難しいと感じるときは転職エージェントに相談するのも手。転職のプロから自分の希望や能力に合った企業を紹介してもらうことができるので、効果的に応募企業を選べるでしょう。

選考を受ける

未経験業界へ挑戦する場合、「なぜ異業界へ転職するのか」といった問いに答える必要があります。回答のポイントは、ポジティブな答えにすること。「残業が多くて辛かったから」「仕事がつまらなかったから」といった前職のグチは、マイナス評価になるので気をつけましょう。 在職中に選考を受ける場合は、面接の日程調整がカギに。選考の日程被りや業務への支障が出ないよう、計画性を持って進めるようにしましょう。また、短期で転職したいからといってスケジュールの詰め過ぎは、過度な疲労を招きます。十分な転職期間を設けるか、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

入社日、退職日を決める

内定の通知が来たら、就職先と相談して入社日を決定します。当然のことですが、退職日より後になるように調整しましょう。 退職については勤めている会社の就業規則に則ります。退職日の1ヶ月前頃に直属の上司へ伝えるのが一般的な流れです。 退職日が決まったら、業務の引き継ぎや、お世話になった方への挨拶などを済ませます。きちんと計画性を持って行わないと、トラブルになり、円満退職できない恐れがあるので気をつけましょう。 これまで、在職中の転職活動についてご紹介しましたが、経済的に余裕があれば退職後に求職活動を行うことも可能です。ただし、十分な貯蓄がない場合やすぐに就職先が決まらなかった場合、経済的な不安が生じることも。転職先が決まる前に退職する場合は、十分に検討した上で行動に移したほうがいいですね。

転職を成功させたい方はチェック!

ブラック企業を避けるためにブラック企業を避けるために

転職をしようと思ったら、まずは求人検索から始めるかと思います。その際に注意しておくことがいくつかあります。求職者に対して、甘い誘惑をかけてくるブラック企業です。このブラック企業を見分ける方法を知って、より良い転職をしましょう。

転職を決意したあなたへ

転職を決意したあなたへ

未経験の業界への転職を考えた時、大きな期待と不安を持ちます。転職を成功させるためにも、期待は明確な動機へ、不安は安心へ変えていきましょう。そのために必要な転職時に注意することなどを詳しくお伝えしていきます。未経験の業界へ転職して頑張っていく決意をされた方々の参考になるような情報を紹介します。【お問い合わせ先】