未経験の職種に転職する時はブラック企業を見分けよう

ブラック企業を避けるために

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

未経験の転職には注意点がある

転職を考える時、まずはどんな求人があるかをチェックします。当然のことなので間違ってはいませんが、大事なことは、給与や待遇の良し悪しだけを見るのではなく、転職に至った経緯を考え自分を見つめ直し、将来の目標に近づける転職先を選ばなければいけません。転職したい職種は何か。そのために、今まで培ったスキルや経験は役に立つのか。「ここなら楽かな」という考えや中途半端な思いでの転職は後々、後悔します。特に、未経験の職種に就こうと考えている場合は、様々な注意点があります。
その中でもブラック企業。世の中には、労働者の犠牲の上で企業の体裁や業績を保っているブラック企業が存在します。「転職したい」という気持ちにつけ込むブラック企業に引っかからないためにも、まずは自分の気持ちとしっかりと向き合い、転職に対して多方向からきちんと分析してみましょう。

未経験の転職には注意点がある

ブラック企業を見極めるコツ

自分の気持ちがきちんと分析できたら、次は実行です。求人広告などで転職先を探す時、「経験問わず」という言葉をよく見かけます。応募のハードルが低いからと、すぐ転職候補に入れることはやめましょう。未経験者でも受け入れてくれるということは、離職率が高いことにつながっている場合もあります。その原因は、長時間労働・サービス残業・パワーハラスメント・休日返上の勤務体制など。これは、まさしくブラック企業です。仕事をする人間を集めるために、聞こえの良い言葉を並べているだけの可能性もあります。「経験問わず」が意味する内容をきちんと理解することが重要です。これは、ブラック企業に転職しないためのコツになります。

不問という言葉は赤信号 

「未経験者大歓迎、経験不問、学歴不問」という求人アピールは、まず疑ってみましょう。聞こえが良くて、自分でもできるかもと思ってしまいがちですが、ブラック企業のワナなのです。すでに、赤信号の状態です。
求人を出している企業は、すぐにでも働く方が欲しい。でも、できるだけ細かい条件を載せ、即戦力になる方を雇用しようとします。その中で職歴や学歴を問わずに、とにかく誰でも欲しいということは、頑張っていても頑張らなくても扱いが同じと捉えることができます。企業側が求める成果さえ出してくれれば良い、と考えているのです。身を粉にして働いても、突然クビになるという可能性もあります。求人内容を細かくチェックすることが大切です。

若者が活躍している企業も怪しい

若者がいるだけで、職場は明るく、活気あるものに見えます。若者が活躍している企業は、きっと環境が良く、体制がしっかりしている素晴らしい企業であるだろうと思ってしまいます。しかし、良いイメージだけで終わらせず、別の視点で考え直してみましょう。
重要なポイントは、企業の軸となる中堅社員や若者の指導者がいるのかということです。長い間働いている社員が不足しているから、割合的に若者が多くなっている場合があります。応募のハードルを低くしているような企業は、要注意です。異業種や未経験の職種に転職することは、大変困難な道のりです。応募条件の意味をしっかりと理解し、自分の条件と照らし合わせて、ブラック企業を見極める正しい目を持つことが、より良い転職へとつながります。

転職を成功させたい方はチェック!

ブラック企業を避けるためにブラック企業を避けるために

転職をしようと思ったら、まずは求人検索から始めるかと思います。その際に注意しておくことがいくつかあります。求職者に対して、甘い誘惑をかけてくるブラック企業です。このブラック企業を見分ける方法を知って、より良い転職をしましょう。

転職を決意したあなたへ

転職を決意したあなたへ

未経験の業界への転職を考えた時、大きな期待と不安を持ちます。転職を成功させるためにも、期待は明確な動機へ、不安は安心へ変えていきましょう。そのために必要な転職時に注意することなどを詳しくお伝えしていきます。未経験の業界へ転職して頑張っていく決意をされた方々の参考になるような情報を紹介します。【お問い合わせ先】