需要が右肩上がりの運輸業界

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

運輸業界の現状

人手不足が問題になっている業界の一つが運輸業界です。その背景には、通信販売の市場拡大に併せて運輸業界のニーズが急速に増していることと、現役トラックドライバーの高齢化があげられており、現在新たな戦力となる人材の確保が課題になっています。そのため、転職サイトでも数多くのトラックドライバーの求人が見られるようになり、運転免許所有者であれば未経験者でも積極的に採用している運輸会社は増えているのが現状です。また、トラックドライバーはハードな仕事だというマイナスイメージがありますが、業界全体で働きやすい環境づくりに取り組んだり、スキルに応じた待遇を整えたりするなど、イメージアップを図る動きもあり、求職者にとっては狙い目の業界へと変化しています。

需要が右肩上がりの運輸業界

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーは、物流施設や建築現場などに集められた荷物をトラックに積み込み、指定された場所まで届ける仕事を担っています。積み荷は、トラックの大きさやボディの形態によって異なりますが、食料品・日用雑貨・建設資材・燃料などさまざまです。また、運搬距離も各運輸業者の得意分野や荷主の依頼によって異なります。そのため、大型トラックのドライバーは、車中泊をしながら数日かけて遠方に荷物を運搬することも少なくありませんが、中距離便の場合は、同一県内や隣県へ日帰りで出かける業務もあり、日勤帯や夜間帯のみで働くことも可能です。しかも、小型トラックによる地場配送の仕事なら、限られた地域のみの移動になり、積み荷も軽量の物がほとんどなので、未経験者や女性でも十分に活躍することができます。したがって、トラックドライバーは肉体労働ではあるものの、必ずしも長時間の運転を強いられるハードワークというわけではく、あくまで担当する業務次第だといえそうです。

トラックドライバーの魅力

トラックドライバーの仕事は、数100キロ離れた場所まで荷物を運ぶ仕事から地域のルート配送まで、多岐にわたります。担当する仕事によって内容は異なりますが、時間を厳守すれば自分のペースで働ける点は大きな魅力です。たとえば、昼食や休憩をいつとるかは自分の判断で決めることができますし、運転中は一人なので、誰かに気を遣うこともありません。外の空気に触れながら、のびのびと働きたい人には向いているのではないでしょうか。 また、トラックドライバーはスキルアップをすることで高収入が得られる点も注目のポイントです。小型トラックのドライバーとしてなら、普通自動車運転免許があれば十分活躍できますが、大型免許を取得しておくと仕事の選択肢が広がり、高収入の仕事に就くことも夢ではありません。しかも、運輸業のニーズの高まりは今後も継続されることが予想されるので、経験と運転スキルは転職においても有利になります。

転職を成功させたい方はチェック!

ブラック企業を避けるためにブラック企業を避けるために

転職をしようと思ったら、まずは求人検索から始めるかと思います。その際に注意しておくことがいくつかあります。求職者に対して、甘い誘惑をかけてくるブラック企業です。このブラック企業を見分ける方法を知って、より良い転職をしましょう。

転職を決意したあなたへ

転職を決意したあなたへ

未経験の業界への転職を考えた時、大きな期待と不安を持ちます。転職を成功させるためにも、期待は明確な動機へ、不安は安心へ変えていきましょう。そのために必要な転職時に注意することなどを詳しくお伝えしていきます。未経験の業界へ転職して頑張っていく決意をされた方々の参考になるような情報を紹介します。【お問い合わせ先】